常任指揮者の紹介
秋山 徹先生



 洗足学園音楽大学卒業。秋山和慶指揮大学オペラ「蝶々夫人」のシャープレスでオペラデビュー。バリトンとして数多くのオペラで好演を重ね、 チョン・ミョンフン指揮「魔弾の射手」のキリアンを最後にテノールに転向。若杉弘指揮「エジプトのヘレナ」で主役メネラス役を好演、テノールとし て再デビューを飾り、その後「蝶々夫人」ピンカートン、「魔弾の射手」マックス等、テノールの主要な役柄での演唱は高い評価を得ている。イタリ ア声楽コンコルソ入選。ベルヴェデーレ国際声楽コンクール入選。日本アンサンブルコンクール第一位。優秀演奏者賞、全音楽譜出版社賞受 賞。近藤允弘氏に師事。現在、洗足学園こども短期大学教授、洗足学園音楽大学講師、二期会会員。横浜シティオペラ会員。


あつだん創立時常任指揮者
近藤允弘先生
あつだんの基礎を築いてくださりありがとうございました。

(故)近藤允弘先生
 東京声専音楽学校オペラ科卒業。下八川圭祐、柴田睦陸、A・ポーラの諸氏に師事。1969年都響定期公演オペラ「トスカ」のスポレッタでデビ ュー後、二期会及び藤原歌劇団において「セヴィリアの理髪師」の伯爵、「コシ・ファン・トゥッテ」のフェランド、「後宮からの誘拐」のベルモンテ、 「蝶々夫人」のピンカートン、「夢遊病の女」のエルヴィーノ、「フィデリオ」のヤッキーノなどに出演している。コンサートでは、「第九」「メサイヤ」を はじめ、バッハ、ヘンデル、グノー、ヴェルディー、ブリテン、モーツァルト等のオラトリオのソリストとして活躍している。1960年〜1974年の14年 間、二期会合唱団に在籍し、内8年間はコンサートマスター及び指揮で活躍している。二期会会員。




戻る
戻る